とうとう破産

| | コメント(0) | トラックバック(0)

木村建設、東京地裁に破産申し立て・負債総額57億円

とうとう、破産申請しちゃいました。
これを機に、施工会社は破産申請してしまうのではないでしょうか。
逃げ、ですね。

日経のサイトで、偽造問題について記事がまとめてありました 
特集:耐震強度偽装問題
http://sumai.nikkei.co.jp/special/gizo/

まあ、ヒューザーの社長の答弁(あらゆるところで)を聞いていても、倒産させるだろうということは。読めます。

全額補償できない→会社は倒産→危険なので、国や自治体で何とかしてあげて

となると、どうなるでしょう。
何年か前にもありました。銀行破綻の時、

国や自治体でなんとか ということは、税金を使って何とかして。ということ。

税金は、私たちが払っている物です。

今回の偽造で、倒壊する危険のあるマンションに住んでいる人も払っています。
一戸建ての家を購入した人も払っています。

最初は、民間同士だからとかいってましたが、役所の確認でも偽造が見つかりました。
抜け道は、作れてしまうんですね。悪い意味で言うと。

破産してしまえば、施工会社の人たちは、一時的に収入は無くなりますが借金を背負うわけではないです。(会社倒産なので、従業員はすぐに失業保険がおりますし)

マンションは、本当に、できあがった物を見せられるだけで購入を決めることが多いです。
モデルルームなんて、現地と離れた所にあることも多いです。

他人の言うことだけを信じていませんか?
自分でも調べましたか?

専門家に確認してもらうこと、このお金をもったいないと使わないで、あとあとソンをする人を多く見ています。
本物を見極める目、お金のかけどころを知っていたいですね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: とうとう破産

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/163

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2005年12月 2日 05:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マンガ女のお金の超常識」です。

次のブログ記事は「どうなる?スカイプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13