7号

| | コメント(0) | トラックバック(0)

○●○------------------------------------------------------
                      7号 2005/11/14
     「なぜ?」から始める、稼げる女
http://www.studio-pico.com
                           
-------------------------------------------------------○●○

 何かしたいけど、何かをしなくちゃ。でも、どうしたら?
 身近なニュース・生活の中でなぜ?
 と思うところから、自分が変わります。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
  最近の、なぜ?
  
 ★ 時間単位で有給休暇所得へ
   
   厚生労働省が、時間単位で有給休暇の取得ができるように、
   検討中だそうです。
   
  (会社に属している人限定の話ですが)このニュースで有給の
   単位は1日、という原則があるのを知りました。
   
   過去数年の取得率低下により、見直しを始めたそうです。
   原因として、雇用環境の悪化と考えているようですが、根本
   的な解決にはなるんでしょうか?
   
   今までだって、会社によって半休があったり、公務員はすで
   に時間単位で有給取ってたしね。
   そもそも、経営者や、フリーの人間には有給休暇というもの
   はないし。
   
   逆に、会社に顔を出さない人はだめ、といわれたりしないで
   しょうか?
   いろいろな制度ができても、実際には使えない制度って結構
   あるしね〜。
   
──────────────────────────────
 ☆ 稼げる女を目指して
 
   「インテリアコーディネーター」 は、稼げるのか?
   
   結構、いろいろな試験を受けていますが、これほどまでに、
   女性密度が多い試験は、初めてでした。
   
   それも、学生というよりはOLという雰囲気の人が山ほど。
   
   で、ぶっちゃけ この資格を持っていて儲かるかというと、
   「儲かりません」 はい、もう定番ですね。この流れ。
   
   しかも、この資格、登録制。試験合格後、5年間毎に登録し
   直さないと、資格が無くなります。(FPなんかと一緒ですね)
   
   協会に登録しても、そこから仕事の紹介が来るわけではない
   し、この資格だけをもって独立している人は少ないと思われ
   ます。
   
   この資格だけで仕事をしているという人は、ハウスメーカー
   などと契約をして、家を購入する人に、家の内装(壁紙、
   カーテン等)のコーディネートをする、という人がほとんど。
   
   しかも、収入は、インテリア業界からのバックマージン。
   よって、紹介する物も決まってきます、紹介されたお客さん
   に愛想を付かされる本末転倒な人がかなり多いようです。
   
   インテリア好き、建築好きの人は勉強も楽しいかもしれませ
   んし、なるほど〜ということもありまが、この資格だけで収
   入を得るというのは、難しいようです。
   
   他に、建築士を持っているとか、ダブルライセンスですね。
   カリスマちっくになれば、これけでもいいかも・・・・
   
   
──────────────────────────────
 
  このメルマガを読んでいる人で、使ったことがないという人は
  いるんでしょうか?
  
  ワープロソフトのワード。
  
  使えるよ。と言っていても、他の人を見ると
  
  「え??なに、その使い方」ってことありませんか。
  
  そんなとき、このメルマガ
    
  まぐまぐ新着ランキング5位!
  「これであなたもワードの達人!魔法の教科書」
  http://www.mag2.com/m/0000171711.html
  
  さすが、現役のパソコン教室の先生です。
  わかりやすいです。
  
  そして、1回1回が簡単です。
  
  仕事の能率も上がります。
  これから、年賀状の季節。年賀状も作れるようになっちゃい
  ましょう。
  
  
──────────────────────────────
  ★ インテリアコーディネーターは、1次試験、2次試験と
    あります。2次で図面とかを描いたりします。
    
    それにしても、周りが男の人だらけ、という資格を多く
    取っていた時期ですので(コンピュータ関係ね)あまりの
    女性の多さに、驚きました。
    
    駅から会場まで、おしゃれなOLだらけって感じだった
    んです。なんか、場違いな気がしました。
    そして、それは間違ってはいなかったんですね。
    ほっほっほ〜。落ちました。
    
    そもそも、あまり乗り気ではなかった資格なので、まあ
    いいかな。と。
    
    人間工学的な事もちょっと、勉強で出てきたので、よか
    ったかなと思います。
    いまは、どうすれば、目が疲れないか。で活用中。
    
──────────────────────────────
発行者:今井智恵子 感想・質問お待ちしています。 
    e-mail:chie@studio-pico.com
このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
智慧輪
  ホームページ http://www.studio-pico.com
  登録・削除は http://www.mag2.com/m/0000173703.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7号

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/182

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2006年1月27日 04:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6号」です。

次のブログ記事は「8号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13