過程の株式資産 大幅増

| | コメント(0) | トラックバック(0)

日銀が発表した「資金循環統計」によると、2005年末の家計部門の金融資産は過去最高の約1509兆円。そのうち株式などが占める割合は11.4%と、直近の最低を記録した02年末の6.2%から大きく上昇した。
〜〜〜〜〜〜〜
海外の主要国を見ると、米国の株式などの比率は33%、投資信託、債券などもあわせたリスク資産の比率は50%を超える。保険などが54%を占める英国でも株式比率は13%。ドイツは14%だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
          2006.5.23 日本経済新聞 夕刊3面   なるほどビジネスMap より


このところ、ネット取引などで、だれもかれもが株を始めているような報道がありますが、世界的に見ると、日本はまだまだ「貯蓄」に頼っていると言うことが、統計からもわかります。

なぜ、株を始めないのか。

なぜ、他の国と、株、貯金、保険の割合がこうも違うのか。

何も思わないのが、一番怖いですね。
1つでも、「どうしてなんだろう?」と思えば、そこからいろいろなことが見えてきます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 過程の株式資産 大幅増

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/284

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2006年5月24日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「10代を真剣に考える広場」第10弾」です。

次のブログ記事は「32号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13