子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4794215053子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる―思春期の子が素直になる話し方
ハイム・G. ギノット Haim G. Ginott 菅 靖彦
草思社 2006-06

by G-Tools

真新しい情報はありませんでしたね。
けれど、ワークのような感じで、実際のやりとり例が多く乗っていたので、応用を利かせたり、出来るのではないでしょうか。
実際のやりとりが乗っていると、自分の対応にどきっとすることもあるのでは?

思春期の子供とありますが、大人にも使えます。
大人になりきれていないって事でしょうか・・・・


内容(「BOOK」データベースより)
思春期の子にとって、親の助けは干渉、心配は子ども扱い、忠告は親のエゴだ。助けようとすると恨まれ、導こうとすると拒まれるとき、どんなふうにコミュニケーションをとればいいのだろう?争いを避け、尊重しあって共に生きるためのコミュニケーション・スキルを教える貴重な一冊。世界的ベストセラー『子どもの話にどんな返事をしてますか?』の思春期版。

内容(「MARC」データベースより)
思春期の子にとって、親の助けは干渉、心配は子ども扱い、忠告は親のエゴ。思春期の子が反発しない親の聞き方、話し方を教えます。「子どもの話にどんな返事をしてますか?」の思春期版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ギノット,ハイム・G.
イスラエルで教師を経験した後、コロンビア大学で博士号を取得。臨床心理学者、子どものセラピストとして活躍し、親の教育プログラムを実施する。著書『子どもの話にどんな返事をしてますか?』は親子関係に革命的変化をもたらしたと絶賛され、世界30カ国に翻訳され計500万部売れた古典的名著(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる―思春期の子が素直になる話し方
子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる―思春期の子が素直になる話し方
ハイム・G. ギノット Haim G. Ginott 菅 靖彦

関連商品
ここって塾!?
子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる
迷宮の少女たち
8歳で脳は決まる! 子どもを救う父親の力
男の子を伸ばす母親は、ここが違う!
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/365

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2006年12月 4日 11:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幸せな宝地図であなたの夢がかなう」です。

次のブログ記事は「完全ビジネスマナー[人財・売上・利益を生み出す魔法の作法]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13