世界でいちばん受けたい授業

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4098400707世界でいちばん受けたい授業―足立十一中『よのなか』科
藤原 和博
小学館 2001-10

by G-Tools

「よのなか」科
受けたいですねえ。中学生だけではなく、大人がやっても良い内容です。
受験のための勉強だけではなく、「よのなか」の仕組みを知る良い授業です。

しかも・・・その道のプロが来て教えている。すごい贅沢ですね。

このような内容の物を、自分でもやってみたいです。

サラリーマンが多くなって、子供が大人の仕事を見る機会が減ってしまいました。
何をやっているのかわからない、家にもいない、いるときは、ごろごろしている。

これで、親に対して良い印象を持て。というのは無理ですよね。

職場見学を行っている会社もありますが、ほんの一握り。
仕事に対して、大人に対して、何もわからない、常にグチしか聞かれない仕事に就きたいとは思わないですよね・・・・

仕事の内容、どんなことをしているのか、どんなことが出来るのか、大人が何をしているか、どんどん、子供が見ることが出来る、知ることが出来る場を増やしていきたいです。

お父さんと先生が協力すると、中学校でどんな授業ができるのだろうか? 第一線で働くビジネスマンの著者が提案したのは、ハンバーガーや家づくりから政治・経済を考える、「よのなか」科の授業。その授業記録をまとめたのが本著だ。
たとえば、「1個のハンバーガーから世界が見える」という授業では、生徒たちが地図を見ながら、ハンバーガー店の出店場所を決めるシミュレーションゲームから入っていく。実際の地図を見ながら、駅や団地、学校などの立地条件を話し合い、どこに出店すれば儲かるかを考える。さらに、ハンバーガーの原材料費から利益や貿易を学び、円高・円安を学ぶ授業では、最大手のハンバーガー企業から仕入れ担当者を招き、具体的な話を聞く。

子どもたちにとって身近な教材をもとに、社会の仕組みを解き明かしていく「よのなか」科の授業。「何のために勉強するのかわからない」という子どもたちの声が多いなか、一つの答えを提示しているのではないか。「学校で教える人は教師だけ」というこれまでの教育に、大きな風穴を空けた試みだといえよう。

本著は、授業の流れをそのまま再現した構成になっている。授業で使用したワークシートも掲載。教師の具体的な発問や生徒たちのナマの意見が忠実に再現されているので、読者も実際に授業に参加している気分になる。

余談ではあるが、経済が苦手な人にとっては、ちょっとした参考書にもなりそうだ。(町場キリコ)

出版社 / 著者からの内容紹介
一個のハンバーガーから[よのなか]を学ぶ!お父さん(ゲストティーチャー)と社会科の先生で創る「総合的な学習」実践の決定版!! 中学生を相手に、伝説の教科書『人生の教科書[よのなか]』を使って行った、迫真の授業実践ドキュメントです。地域の人々が参加することによって、授業がこんなにも立体的に面白くなり、子どもたちの世の中への参画動機づけがいかに強化されるか、その先進的なケースを提供しています(『総合教育技術』誌上で連載中)。 附章として、小学校でのネットを使った新しい教育スタイルを、保護者を中心にした地域のチカラを借りて作り出そうとした試み『永福小学校コンピューター倶楽部』を収録しました。

内容(「MARC」データベースより)
「一個のハンバーガーから世界が見える」「『ゴム』と地球とあなたの関係から政治と世界を学ぶ」…一人のお父さんが本気で学校に関わっていくと、ここまで学校は変わる。お父さんと先生でつくる新しい学びの誕生。

出版社からのコメント
「一個のハンバーガーから世界が見える」…一人のお父さんが本気で学校に関わっていくと、ここまで学校が変わる!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤原 和博
1955年生まれ。78年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。93年からロンドン大学ビジネススクール客員研究員。94年から95年パリ駐在。96年より同社フェロー。“シミュレーション”や“ロールプレイング”などのゲーム手法を大胆に採り入れた総合的な学習『よのなか』科の提唱者。評論家としてではなく、実社会での豊富な経験を持つ3児の父として小中学校の教育改革に関わり、実践を通して子供たちとともに学んだ事実だけをドキュメントする語り口で、公立私立を問わず小中学校の校長・教頭や先生、母親からビジネスマンまで幅広い支持を得ている。東京都杉並区行政評価検討委員並びに教育委員会アドバイザー、区立永福小学校評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

世界でいちばん受けたい授業―足立十一中『よのなか』科
世界でいちばん受けたい授業―足立十一中『よのなか』科
藤原 和博

関連商品
世界でいちばん受けたい授業〈2〉
公立校の逆襲 いい学校を作る!
人生の教科書[よのなか]
公教育の未来
民間校長、中学改革に挑む
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界でいちばん受けたい授業

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/367

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2006年12月 4日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完全ビジネスマナー[人財・売上・利益を生み出す魔法の作法]」です。

次のブログ記事は「ミリオネーゼになりませんか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13