邪魅の雫

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4061824384邪魅の雫
京極 夏彦
講談社 2006-09-27

by G-Tools

厚いです!
もう、片手で読むのは無理があります。
書籍紹介などで本のサイズが良く書いてありますが、京極本はページ数だけでなく、厚さも記載して欲しい所。

さて、今回は場所が平塚・大磯と言うところで。あまりかけ離れたところでもないのでちょっとは親近感というか、なんというか・・・・入りやすい所がありましたが、


     難しかった。


登場人物、それぞれの物語が交錯し合い。名前も違うし、場面持ちがう。
一気に読むことが出来なかったこともあり。途中で混乱しました(。ヘ°)ハニャ
謎解きも長かった。

全作よりも、今作の方が話の流れとしては好きですが(各物語の交錯は別にして。全作は最初に答えが出てたので)やはり、京極堂さまさまになってしまうんですねえ・・・・


発売日に購入したにもかかわらず、厚いとはいえ、約1ヶ月もかけて小説を読むのは珍しいことだなあ。

出版社/著者からの内容紹介
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞い
ました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「──自首してください」「死ね
ばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」
昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。
警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する! 
「邪なことをすると──死ぬよ」

内容(「BOOK」データベースより)
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「―自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する!「邪なことをすると―死ぬよ」。

内容(「MARC」データベースより)
「ひとごろしは報いを受けねばならない...」 昭和28年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と発見された。警察も手を拱く中、ついにあの男-私立探偵、榎木津礼二郎が登場する!

邪魅の雫
邪魅の雫
京極 夏彦

関連商品
λに歯がない
百器徒然袋 風
QED ventus 御霊将門
月館の殺人 (下)
文庫版 陰摩羅鬼の瑕
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 邪魅の雫

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/382

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2006年12月21日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「先輩起業家が教える 走りながら考える仕事術!」です。

次のブログ記事は「こんなチェックリストを待っていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13