55号

| | コメント(0) | トラックバック(0)

○●○------------------------------------------------------
                     55号 2007/3/14
      「なぜ?」から始める、稼げる女
http://www.studio-pico.com
                           
-------------------------------------------------------○●○

 常識を疑え!
 ニュース、新聞、週刊誌。言われたままに納得していませんか?
 「なぜ?」と思うところから、かえていきましょう。
 
  ホワイトデーです。あげた側は覚えていますよ。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
  最近の、なぜ?
  
 ★ 日生、2割増の1300人採用・08年度新卒
  http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20070314AT2C1303913032007.html
 
  4月からではなく、もう来年の話ですね。
  なぜ、いままで、全くなかったり、ものすごい競争率だった会社の
  採用が増えてきているのでしょうか。
  
  
  簡単にいってしまうと、今いる人がいなくなってしまうのが、理由の
  一つです。
  
  減ってしまうのだから、増やそう。こういうことです。
  ここで、新卒に限らずに募集してくれれば、就職浪人してしまった人達
  にとっても良いのですが、なかなかそううまくは行きませんね。
  
  
  企業業績は良好、では人を増やそう。と必ず人をとっていた時期とは
  変わってきてしまっていますので、周りの状況をよくみつつ、自分が
  選ばれるような人間になるようにしていかないと、募集があっても、
  とってもらえなくなりますね。
  
  
 最近のニュース記事についてのコメントは、こちらをどうぞ
  →  http://www.studio-pico.com/cat17/
 
────────────────────────────
あの、「会計のトリセツ」の望月さんが新刊を出されます。
なんと、今回のこの本は・・・・

   『かっこいい』  手に取った時に思いました。
   
   まさに、『謎解き本』 
   

知っているつもりで、知らなかった。
ニュースで言っているけど、実はよくわからない。

そんなことありませんか?

・甲子園球場の土地は時価155億円なのに、なぜ決算書には800万円でのっているのか
・V次回復の謎を解く〜日産のリバイバルプランでは売上が1,100億円しか増えていないのに
なぜ利益が1兆円も増えたのか
・楽天はなぜ赤字なのに株価が高いのか
・ライブドア事件〜会計ルールの抜け道をつくことは粉飾か
・上場企業の業績は良いのに、なぜ肌で感じる景気は寒いのか


誰もが知っているけれど、
本当のところはよく分からない経済ニュースの謎が
会計をマスターするとすっきりと見えてきます。


会計を使って経済ニュースの謎を解く〜決算書の読み方が変わる7つのエピソード
<日本実業出版社より3月15日発売>

詳しくはこちらへ↓↓
http://www.ac-intelligence.jp/mystery/index.html
(3月16日にアマゾンから購入すると素敵な特典があります。)

────────────────────────────
 ☆ 稼げる女を目指して

  『断る勇気』

  仕事、つきあい、断れないでついついつきあっている、
  ついつい、引き受けていることありませんか?
  
  確かに、断れない仕事もありますが、出来ない仕事は引き受けない
  方が、自分だけではなく、相手のためでもあります。
  
  期日の無い仕事というものはほとんど、ありません。
  たまに、まとまっていると便利だから時間があればやっておいて。
  という感じの内容のものもありますが・・・
  
  
  嫌いなこと、出来ないこと。
  むりに、引き受けていたら、気分はどうでしょう?
  でも、断るとちょっとね。と思いますよね。
  
  確かに、断っているときはいやな気分です。相手もいい気はしないでしょう。
  けれど、引き受けて、期日に間に合いそうにない。出来ない。
  なんてことになったら、その方が大事です。
  
  嫌いなアーティストのコンサートに誘われて、つきあいで行っても
  楽しくは無いでしょう?
  連れて行った人だって、楽しそうではない人と一緒では、いまいち
  盛り上がれませんよね。
  
  
    
  特にビジネスでは。なんとなく、や、仕方なくで引き受けてしまうのは
  考えものです。引き受けた場合は、それなりのものを仕上げるのが最低限。
  それが出来ないと、思うのであれば、最初あるいは、出来るだけ早めに
  連絡をする。「ほうれんそう」ですね。
  
  報告、連絡、相談。
  
  会社の上司から無理難題の仕事を渡された(まあ、断れないでしょうね)
  自分で調べてもわからない、時間が足りない。誰かの助けが欲しい。
  これ、わかった時点で、出来るだけ早く、誰かに相談してください。
  上司でなくてもいいんです。先輩とか。
  
  期日ぎりぎりになって「やっぱり出来ない」ということほど、自分も周りも
  困ることはありません。
  早めに、相談していれば、そんなことにはなりませんよね。
  頼んだ上司も、相談された人も、自分も。一仕事やり遂げれば、嬉しいものです。
  
  最初は出来ないと思っていた仕事が、出来たのであれば、それは、自分の
  自信にもなります。
  そして、どのように対応したのか、どんなアドバイスをもらったのかは
  財産になります。
  
  
  すぐに諦めない、けれども、断るべき事は断る。
  
  
──────────────────────────────
 ★ モデルさんなんかはですね。年齢により、どうしても
   仕事が減ってきてしまったりするそうです。
   
   そんなとき、「経済の勉強」をするそうです。
   
   お金をかけて、容姿を磨いているのは、モデルは皆同じ。
   頭を使うことで、顔つきが変わってくるそうです。
   
   特に、経済は生活に密着していますから、つねに、頭を
   動かしているようになるんだそうです。
   
   年をとればそれだけ、顔つきに人柄が出てきます。
   素敵な知的美人に、へ〜んしん。
   
                    って、ことですかね。
        
──────────────────────────────
発行者:今井智恵子 感想・質問お待ちしています。 
    e-mail:chie@studio-pico.com
このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
智慧輪
  ホームページ http://www.studio-pico.com
  登録・削除は http://www.mag2.com/m/0000173703.html
  
  
  
  

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 55号

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/423

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2007年3月14日 14:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野口体操入門★大阪ワークショップ&かめわざワークショップin大阪」です。

次のブログ記事は「松下、3万人に在宅勤務・ホワイトカラー、希望者週1、2回」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13