豆腐バカ 世界に挑む

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4334933777豆腐バカ 世界に挑む—They Call Me “Mr. Tofu”
雲田 康夫
光文社 2006-03-24

by G-Tools


奥が深い。けれども、すんなりと読むことが出来ました。
小説?伝記?ビジネス書??

豆腐バカという題名ですが、バカにになって、やってやるという気持ちを持っている人、少なくなっているのでは。と思います。

このタイプの本は、以前読んだときに、ものすごく読みにくかった覚えがあったので、ちょっと心配だったのですが、全く問題ありませんでした。
すらすら読めましたね。

今、何をしているのかが気になったりして・・・

目次

1 アメリカ人は豆腐が嫌い
2 豆腐嫌いへの“あの手この手”
3 アメリカ文化の壁
4 駐在員の悲哀
5 風向きが変わった!
6 豆腐バカ世界に挑む
森永乳業米国現地法人MNF社の歩み


内容(「BOOK」データベースより)
“ミスター・トーフ”と呼ばれて苦節20年。家畜のエサと思われていた「アメリカ人の嫌いな食べ物ナンバーワン」をついにアメリカ人の日常食に。そして今、世界市場制覇へ。

内容(「MARC」データベースより)
アメリカ人に豆腐を売る? どうやって? 「大豆は人間の食べものではない」というのが常識の国でマーケットに挑み続け、いつしか「ミスター・トーフ」と呼ばれるようになった日本人ビジネスマンの苦闘を描く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
雲田 康夫
1941年、樺太生まれ、北海道育ち。’65年、青山学院大学卒業後、森永乳業株式会社入社。’71年にデンマークのIPC大学に留学。’73年に復職し、新製品開発部に配属、ビヒダス牛乳の開発を手がける。その後国際部に異動し、長期保存の豆腐プロジェクトに参画。’85年、米国現地法人設立のため渡米。同年5月、Morinaga Nutritional Foods,Inc.を設立し、社長に就任。2005年に社長を退任し、顧問に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

豆腐バカ 世界に挑む—They Call Me “Mr. Tofu”
豆腐バカ 世界に挑む—They Call Me “Mr. Tofu”
雲田 康夫

関連商品
豆富バカが上場した! 篠崎屋・樽見茂の成功哲学
アメリカ日本食ウォーズ―寿司、豆腐、枝豆、日本酒…いまアメリカでは日本食が大ブーム!
風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー
おいっ!豆腐屋―原点に立って業界の常識を破ることから活路は生まれた
“豆富一丁”をどう売る?―非常識な事業戦略が壁を打ち破る!
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 豆腐バカ 世界に挑む

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/417

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2007年3月 6日 10:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「◆「心とからだをほぐす、自分棚卸し」ワークショップ♪◆」です。

次のブログ記事は「不二家、創業家役員再任せず・経営一新アピール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13