「所得半減」経済学

| | コメント(0) | トラックバック(0)
「所得半減」経済学 ~「昭和30年代」に学ぶしあわせ術~「所得半減」経済学 ~「昭和30年代」に学ぶしあわせ術~
森永 卓郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

はやりと言うだけではなく、この時代の生き方やモラルなんかを再び見直したいなあ。と言うところです。

目次

第1章 大分県豊後高田市に「昭和の町」が出現(衰退した「駅前商店街」が復活
人々の心をとらえた「本当の理由」 ほか)
第2章 「昭和三〇年代の夢」を実現する人たち(「田舎暮らしブーム」が意味するもの
「バブルの帝王」が行き着いた「計画」 ほか)
第3章 貧しくても「幸せ」に生きていた日本人(昭和レトロ商品ブーム
「三〇年代」という時代のプロフィル ほか)
第4章 ギリシャと沖縄に学ぶ「所得半減」計画(ダマされて体で覚える「大人の世界」
無駄な仕事を止める「所得半減」のすすめ ほか)
番外編 「所得半減」で「昭和三〇年代」の「幸せ」を取り戻す“六つのヒント”

出版社 / 著者からの内容紹介
「親子フリーター時代」が出現する。そこで、どう生きるかのモデルケースとして、「昭和30年代」に焦点を当てる。

内容(「BOOK」データベースより)
「年収300万円以下時代」に負けない生き方教えます。

内容(「MARC」データベースより)
一般庶民がこれからの時代を生き抜くために必要なコミュニティや文化のモデルとして、昭和30年代の優しい社会に焦点を当て、日本人が本来の優しい心を取り戻すヒントなどを紹介。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
森永 卓郎
1957年生まれ。東京大学経済学部卒業。大手金融系シンクタンク主席研究員。専門は計量経済学と労働経済学。2000年「IT株バブル」の真っ最中に、作られた株価の失墜を予告、また、「日銀のゼロ金利解除」発表と同時に「平成大不況」を警告し、金融緩和への道を切り開いた。サラリーマンの身になった経済分析で、新聞・雑誌はもとより、テレビの解説でも大活躍。硬軟両用を使い分ける、新時代の論客である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


「所得半減」経済学 ~「昭和30年代」に学ぶしあわせ術~
森永 卓郎

4198619603

関連商品
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「所得半減」経済学

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/490

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2008年1月 9日 03:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セラピー文化の社会学」です。

次のブログ記事は「人は「暗示」で9割動く!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13