イン・ザ・プール

| | コメント(0) | トラックバック(0)
416320900Xイン・ザ・プール
奥田 英朗
文藝春秋 2002-05

by G-Tools

実は、名医なのではないか・・・・

なんて、ハタから見ていると思うのだけれど、これは、実際に関わらないから言えること。
実際に、病院にいって伊良部先生がいたら、対応されたら。

きっと、いらいらするのだろう。

でも、ものすごくおもしろい。
次は?次は?と読み進んでしまった、エンターティメント作。

中毒になりそうな一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥田 英朗
1959(昭和34)年、岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て、作家に。2002年に『邪魔』で第4回大薮春彦賞受賞。2004年に『空中ブランコ』で第131回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


イン・ザ・プール
奥田 英朗

416320900X

関連商品
空中ブランコ
町長選挙
東京物語
サウス・バウンド
ガール
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イン・ザ・プール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/512

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2008年4月10日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蛇にピアス」です。

次のブログ記事は「空中ブランコ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13