空中ブランコ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4167711028空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
奥田 英朗
文藝春秋 2008-01-10

by G-Tools

第131回直木賞 ということで、実は「空中ブランコ」を知って「イン・ザ・プール」から読み始めた。
でもって、止まらなくなっちゃいました。

早く次が読みたい。
ほぼ、中毒に近い。

何中毒・・・・?伊良部中毒??
なんか嫌だなあ。

中毒になっても、うつになっても、絶対に伊良部医院のしかも、神経科には行くまい。
と思ってしまうが、自分は第三者的に「見ていたい」という気分。

すっごくはまりましたね。

はまる人と、そうでないひとがいるかもしれませんが、
細かいことでめいっていると、そんなことばからしくなるような、そんな読後感のある本。
さらに、中毒性が・・・・(わたしだけか?)


出版社/著者からの内容紹介
傑作『イン・ザ・プール』から二年。伊良部ふたたび!
ジャンプがうまくいかないサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ......。精神科医伊良部のもとには今日もおかしな患者たちが訪れる

内容(「BOOK」データベースより)
人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば...。ここはどこ?なんでこうなるの?怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。

内容(「MARC」データベースより)
人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば...。「イン・ザ・プール」から2年、トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥田 英朗
1959年、岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て作家になる。02'『邪魔』で第4回大藪春彦賞受賞

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
奥田 英朗

4167711028

関連商品
イン・ザ・プール (文春文庫)
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 空中ブランコ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/513

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2008年4月10日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イン・ザ・プール」です。

次のブログ記事は「堀内伸浩氏が2つのセミナーを開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13