子宮体がん予防、コーヒーが効果?

| | コメント(0) | トラックバック(0)

子宮体がん予防、コーヒーが効果?

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080901AT1G0100I01092008.html

 

コーヒーを1日3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、子宮がんの一種「子宮体がん」にかかるリスクが約6割低いとする大規模疫学調査の結果を厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)が1日、公表した。コーヒーを飲むと女性ホルモンなどの濃度が下がり、子宮体がんを予防する可能性があるという。

 研究班は、全国の40―69歳の女性約5万4000人を2005年まで最長で15年にわたって追跡調査。この間、117人が、子宮の袋状の部分にできる「子宮体がん」になった。

 コーヒー摂取の頻度によって「週に2日以下」「週に3―4日」「毎日1―2杯」「毎日3杯以上」の4つのグループに分けて発症リスクを調べたところ、「週に2日以下」のグループと比べ、「毎日1―2杯」は39%、「毎日3杯以上」は62%発症リスクが低かった。

 

コーヒーの何がよいのか・・・・

コーヒーを飲まないわたしとしては気になるところです。

ブラックなのか、ミルクや砂糖を入れても同じなのか?

 

>コーヒーを飲むと女性ホルモンなどの濃度が下がり

 

ここがポイントなんでしょうね。

コーヒーのカフェインなら、紅茶や緑茶でもいいんだろうし。

女性ホルモンの濃度を下げるもの・・・なんなんでしょう?

コーヒーがぶ飲みして、「イソフラボン」のサプリなんか取ってるとプラスマイナス0ってことでしょうか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子宮体がん予防、コーヒーが効果?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/537

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2008年9月 1日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「逆転発想の成功哲学」です。

次のブログ記事は「『バカ売れキラーコピーが面白いほど書ける本』発売記念キャンペーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13