洋画で英会話スキルを身に付ける方法

| | コメント(1) | トラックバック(1)

洋画を続けてみていると、英語が聞き取れるような気分になるものです。

でも、実際に会話をして。と言われても・・・・・

英語が出来ると、仕事にも、プライベートにもいいだろうなあと思いながらなかなか勉強が続かない。

それは、勉強方法にも問題があるのでは?

内容:洋画で英会話スキルを身に付ける方法
対象:初心者から上級者まで、英会話を上達したい人
講師:TAD
日程:9月15日(祝日の月曜日)
受付:12時40分~
時間:13時00分~15時00分
    15時15分~14時15分(公開収録)
参加費:定価30,000円(安心の全額返金保証付*)
特別割引:先着10名様まで15,000円
場所:日本橋公会堂
住所:東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号


■ お申込み方法

下記ホームページからお申込みください。
http://www.1phonics.com/sp

 

 

何か1つその道を極めようと思ったら

日々の鍛錬が大事なのは英語に限りませんよね。


どんなスポーツや習い事、ピアノやギターなど音楽も

毎日の積み重ねが重要です。


しかし、英語のレッスンにおける最大の障壁の1つは

英語教材がつまらないので楽しく英語を学ぶことができないのです。


そこで考えたのが、自分の好きな洋画を使って英語を学ぶ方法でした。

 

この方法論は、単なる映画のセリフが本になって

左のページにに英語

右のページに翻訳

という、ありふれたものではありません。


洋画を使って英会話スキルを身につけると

* あなたのカラダに『英語のリズム感』をインストールできる

* 欧米人のボディーランゲージが身につく

* 暗記するのではなく、カラダで英語を覚えられる

* 英会話に必要な瞬発力と応用力が身につけられる

* ビジネス英語では説得力が増す


と言う特徴があります。


そして何よりも最大の特徴は、自分の好きな洋画で学べるので

毎日のレッスンも苦にならないという事です。


好きな映画を、更に好きになるためにセミナーでは

『映画の見方』についてもお話します。


映画そのものを深く理解するには

1を見せて10を伝えるための約束事が

映画監督と映画を見る側との間には存在します。

 

平均90分という与えられた枠組みの中で映画監督は

我々にいったい何を伝えようとするのか?


その時に活躍するのがシンボルやモチーフが

何を意味するかを知っていると

同じ映画がもっと楽しくなりますね。


シンボルやモチーフの使われ方や意味合いを

インターネットで調べましたが

分かり易い形で紹介されているページが見つからなかったので

友人や知り合いにシンボルの話をしたら

意外と知らない人が多くて驚きました。

 

でも実はこれって日本人には意外と得意な表現方法なんですよね。


それは、俳句です。


俳句は、五七五という極端に限られた言葉で

表現しなければなりません。


そこで生まれたのが季語でした。

日本人なら勉強しなくてもなんとなく季語がわかりますが

映画に出てくるシンボルやモチーフは

もうチョット複雑怪奇です。


なので、知識として知っておかないと、予備知識なしで

始めて見る映像から何を意味するか推測するのは

とても難しいですよね。

その間に映画は先へ先へと進んじゃうし。


そのため『洋画で英会話スキルを身につける方法』では

あなたのお気に入りの映画をもっと好きになるために

映画を深く理解しようということで『映画の見方』も紹介します。

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 洋画で英会話スキルを身に付ける方法

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/541

何か1つその道を極めようと思ったら日々の鍛錬が大事なのは英語に限りませんよね。どんなスポーツや習い事、ピアノやギターなど音楽も毎日の積み重ねが重要です。し... 続きを読む

コメント(1)

Your answer was just what I nedeed. It's made my day!

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2008年9月 8日 05:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『バカ売れキラーコピーが面白いほど書ける本』発売記念キャンペーン」です。

次のブログ記事は「いつも目標達成している人の読書術」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13