巨船ベラス・レトラス

| | コメント(0) | トラックバック(0)
巨船ベラス・レトラス
巨船ベラス・レトラス筒井 康隆

文藝春秋 2007-03
売り上げランキング : 234074

おすすめ平均 star
star理解不能〜再認識
star筒井康隆を読みこなすには体力が必要
star死ぬまで筒井は筒井

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さすが、筒井康隆という小説。

一瞬というか、読み進めていくと、「小説??」と疑いたくなってしまう。

何でもありな感じが、さすがに筒井康隆。

わからなさと、途中でおいおい、小説内でそんな話する??と言うことまであって、最後までついつい読み進んでしまうというか・・・

本当にそんなことが?と思って読み終わって調べてしまいました。

いや~、いろいろある物ですね。

筒井康隆の作品にある程度、振れていないと難しい小説かも。っていうか、小説??

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
売れさえすれば作者を潰したっていいというのか。人間を使い捨てにする企業の論理か。そんな若いやつの小説、受賞した時だけその受賞した本が売れるだけのことじゃねえか。今の状況がなんでも正しいというんなら、なんでもうすぐ世界が滅びるってことを認めて、それを書かないんだ。それが現在の文学者のやるべきことじゃないのかい。現代日本文学の状況を鋭く衝く戦慄の問題作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
筒井 康隆
1934年、大阪市生まれ。同志社大学文学部卒業。1960年、SF同人誌「NULL」を主宰、発刊、短篇の「お助け」が江戸川乱歩に認められ、作家活動を始める。1981年、『虚人たち』で泉鏡花文学賞受賞。1987年、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞受賞。1989年、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞受賞。1992年、『朝のガスパール』で日本SF大賞受賞。1997年、仏政府よりシュバリエ章受章。2000年、『わたしのグランパ』で読売文学賞受賞。2002年、紫綬褒章受章。映画、演劇、テレビドラマへの出演などでも活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

巨船ベラス・レトラス
巨船ベラス・レトラス
筒井 康隆

関連商品
ダンシング・ヴァニティ
壊れかた指南
出世の首―ヴァーチャル短篇集 (角川文庫)
ヘル (文春文庫)
銀齢の果て
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 巨船ベラス・レトラス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/1453

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2009年5月17日 19:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ルー=ガルー ― 忌避すべき狼」です。

次のブログ記事は「ゲゲゲの女房」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13