探偵ガリレオ

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4167110075探偵ガリレオ (文春文庫)
文藝春秋 2002-02-10

by G-Tools


ドラマが先だったので、内容というか解決がわかってしまっていた部分が少々物足りませんでした。(自業自得だね)

ガリレオ DVD-BOX
B0015IZDOY

湯川はドラマのイメージが強いので福山雅治が浮かぶんですが、解説を読むと佐野史郎なんですねえ・・・・
原作の感じからすると、納得できます。

科学的謎解き、と言う点から見ると原作よりもドラマの方がインパクトがありますね。
容疑者Xの時も思ったのですが、本当に、「さあ、全て明らかにした。後はつなぎ合わせて解いてみろ」って感じ。
気づくか、気づかないか。
視点を変えることができるか。

科学物として読むにはちょっと物足りないかな、探偵ものとして読むのもどうだろう。
両方好きな人には、あっという間に読み進めることが出来る本ですね。
続きを読みます。

出版社/著者からの内容紹介
オカルトを科学で解明する名探偵登場!
突然、燃え上がる若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、幽体離脱した少年......。天才科学者が常識を超えた謎に挑む連載ミステリー

内容(「BOOK」データベースより)
突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年...警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

内容(「MARC」データベースより)
突然、火の気もなく燃え上がった若者の頭、心臓の周りだけが腐った死体。常識では考えられない謎を、天才科学者湯川が挑み、解明する連作ミステリー。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
東野 圭吾
1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、「放課後」で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、「秘密」で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


探偵ガリレオ (文春文庫)

4167110075

関連商品
予知夢 (文春文庫)
容疑者Xの献身 (文春文庫)
容疑者Xの献身
悪意 (講談社文庫)
秘密 (文春文庫)
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 探偵ガリレオ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/1476

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2009年7月31日 20:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仕事をとってきてくれる「名刺」」です。

次のブログ記事は「プレシャスタイム・セミナーIN バンコク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13