始まりに立ち会う

| | コメント(1) | トラックバック(0)

  常識は信じるな。
  自分のメルマガでも、書いているフレーズなんですが、さらにわかりやすく、素敵な本が
  発売されます。
一天地六の法則

  なんといっても「サイコロの目は信じるな」
  サイコロの目って見たまんまじゃないの?と思いますが、読み進めてみると・・・ 
  納得することあり、そうなのか!と知らされることあり、
  一つ一つが見開きで読み切りなので、時間がないビジネスマンでも、主婦でも
  気軽に読めます。
  それなのに、すごく残ります。
  その時そのときの気分によって、感じ方が違うのも不思議です。

  その本が【一天地六の法則】(サンマーク出版)
  カカトコリさんが処女作の上梓を記念して、キャンペーンを8月7日からするそう
  ですが、事前予約をするとより多くの特典をゲットできます。
  登録は今すぐ
 ⇒ http://www.bookcampaign.com/dsp_html.php?b_id=bok00042&k_id=kai00089


 7/31のメルマガ 【天才出版道場 vol.219】どこまでその著者、その本に惚れこめるか?  
 http://archive.mag2.com/0000222335/20090731190000000.html

 これを読んでいて、あれ??

>2次会の居酒屋で、初めて一対一で話をしました。
>吉田さんの第一声は、コレでした。

>「カカトコリさん、本を出しませんか? 
>かかとこりさんなら、30万部はいきますよ」

なにか、記憶にある場面が・・・・・・
そうです、この場面。
わたしの目の前で繰り広げられた場面なのでした。

>「カカトコリさんのために、こちらで、ライターを立てます!」

うんうん、言ってた。

メルマガにも書かれてますが、どうやらカカトコリさん吉田さんのことを、
「むちゃくちゃ怪しいおっさんやな!」
と思っていたようで、この会話が繰り広げられている途中に、わたしにも
話を振ってきています。

「自分で書かなくても、ライターが書いてくれて本が出せるんだよ」とか

まあ、いきなりふられてどうしたらいいのか、という感じでしたが、
実際に本が発売されるとなると、
この本が生まれる事になる始まりを、目の前で見ていたのはなんだか不思議な感じです。

これから、この本がどれだけの記録、伝説を作ってしまうのかと思うと、わくわくしますね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 始まりに立ち会う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/1479

コメント(1)

祝!アマゾン1位

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2009年8月 4日 21:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレシャスタイム・セミナーIN バンコク」です。

次のブログ記事は「会話が苦手!?そんなときは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13