2009年10月アーカイブ

<<弁護士の重鎮、苦労人弁護士の「鳥飼重和氏」初の「生き方」本>>
◆◆◆【本日10月2日開始 出版記念キャンペーン】◆◆◆


平均年収が700万円を超えるとも言われていた「弁護士」

しかし、現在、弁護士資格を取る人たちが増え
年々、格差が厳しくなってきており、
実際に弁護士に聞いてみると

「平均年収は400万円を切っている」と言われています。


そのような厳しい弁護士業界において

恋人や友人知人を失いながら苦労に苦労を重ねて
39歳で司法試験に合格。42歳で弁護士登録をし

その後、破竹の勢いで活躍をし

■30名を超える弁護士事務所を経営
■日本経済新聞社「活躍した弁護士ランキング」4年連続ランクイン


となった「鳥飼重和弁護士」が

初めて「生き方」についての書籍を出版されました。
http://www.torikai.gr.jp/profile/index.html


その名も

【考運の法則】

「考運」の法則
「考運」の法則
おすすめ平均
stars「いいことばかり考えていると、いいことばかりが起こる」という法則
stars人間関係で悩んでいる方、必読の書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幸運を呼び込む鳥飼流の「考え方」を余すことなく記した書籍です。


今回、この書籍の発売を記念し、【10月2日(金)~10月5日(月)】
キャンペーンを開催いたします。
http://www.sk-torikai.co.jp/campaign/


キャンペーンの特典も貴方の人生に
大きな「気づき」をもたらすようなものが満載です。


鳥飼氏の考え方は、この不安定な世の中に
しっかり根をはって生きていくための示唆に富んでいます。

友人の松橋さんが出版しました。
NLPなどの営業心理学セミナーをされていますが、そのノウハウを惜しげもなく本にしてくれました。

「売れる営業マンになりたかったら相手を知れ!と言われてもなかなかできない人のための営業質問術」 (明日香出版社)
※特典満載のアマゾンキャンペーンは9月30日と10月1日の二日間のみです。
http://www.nlp-oneness.com/article/13530162.html

松橋さんのメッセージです。
「私は営業16年間で、人の心を動かすのがうまい人の共通点を見つけました。
自分の要求やセールスを一生懸命をする前に、しなければならない質問が5つあるのです。

私は部下に教えるため、営業の質問の本を探しまわった結果、
営業に関する質問の本はほとんど無いという状況にびっくりしたことがあります。
それ以来、長年にわたって研究し続けてきた集大成がこの本です。

この本でお伝えしたいのは、特に質問と確認の大事さです。
どんなタイミングで、どんな適切な質問をしたらいいのか?
自分の言い分を言う前に確認したらいいのか?
を中心にまとめました。

相手が動いてくれるように促すには、質問の順番が大事です。
本に書いてあるマジックキーワードで順番通り質問するだけで、
驚くほどスムーズに営業ができます。

私のように話が下手で、説得するのが苦手な人でも、
らくらく売れる方法です。
ほとんど話さなくても売れるようになります。
ただ適切な質問をするだけで、相手から「売ってください」といわれる技術です。
営業だけでなく、人をスマートに動かしたい方は必読です。」

※特典満載のアマゾンキャンペーンは9月30日と10月1日の二日間のみです。
http://www.nlp-oneness.com/article/13530162.html

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13