鳥の羽根使わないバドミントンシャトル 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 ミズノは水鳥の羽根を使わないバドミントンのシャトル「NS300」を2010年1月10日に発売する。特殊なナイロンや発泡ポリエチレンなどを羽根の形に加工し、天然の羽根を使った一般的製品の3倍近い耐久性を実現したとしている。鳥インフルエンザなどの影響で羽根が値上がりし、製品価格にもはね返っていることから、練習用として手ごろな製品を開発した。

http://woman.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=20091028ax012n1


~10月27日/NIKKEI NET]
 日本経済新聞 2009年11月3日(火) より~~


自分が趣味でバドミントンをやっているということで、目についた記事ですが。


--------------------------
鳥インフルエンザなどの影響で羽根が値上がりし、
--------------------------


ここですね、思わぬ関連性があることに、気づかされます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鳥の羽根使わないバドミントンシャトル 

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/1492

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2009年11月 3日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幸運ではなく「考運の法則」」です。

次のブログ記事は「人事を変えれば社員は育つ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13