座敷童はどこへ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

座敷わらしは「神社に避難」 焼失の岩手旅館、高まる再建の声
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091208ATFK0800E08122009.html

20091208.jpg

 「座敷わらしが出没する宿」として知られ、10月に火災で全焼した岩手県二戸市の旅館「緑風荘」の再建を待ち望む声が広がっている。跡形もなく焼け落ちた建物近くには小さな神社が奇跡的に火の手を逃れ、今も参拝者が後を絶たない。地元住民や旅館の常連客らの間では「座敷わらしは神社に避難して難を逃れた」と信じ、復活を支援する動きも出ている。

~~ NIKKEI NET
   日本経済新聞 2009年12月8日(火)  より~~


一度止まってみたいと思っていた、宿、というか部屋でした。家事のニュースを聞いたときは、「座敷わらし出てっちゃったんだねえ」と思いました。


私の座敷わらしのイメージからすると
いれば反映、去れば没落。という感じがするので、どうなんでしょう。
この記事だと、座敷わらしは避難したという事ですが・・・・・

もしも、座敷わらしが自ら出て行ったのだとしたら、復活をしたところで戻ってくるんでしょうか??


まあ、なんと言ってもわからないことだらけなので。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 座敷童はどこへ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.studio-pico.com/mt4/mt-tb.cgi/1495

コメントする

このブログ記事について

このページは、puchiが2009年12月 8日 13:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010年 絶対結果を出したい人のためのセミナー開催!」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13