社会〜ニュースから: 2006年3月アーカイブ

「PSEマーク」中古品は不要
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3S24022%2024032006&g=MH&d=20060324

「PSEマーク」中古品は不要に・経産省が方針転換  経済産業省は24日、安全性を示す「PSEマーク」がない家電製品の販売を4月から禁止する措置について、中古品は事実上マークを不要とすることを決めた。中古品業者の反発に折れた形で「場当たり的な対応で混乱を招く」との批判も出そうだ。

 PSEマークは電気用品安全法に基づく。経産省の福田秀敬消費経済政策課長が24日、家電リサイクル業者などで構成する「PSE問題を考える会」の代表とともに記者会見をして、従来の方針を転換した。法律は改正せず、運用を見直す。法律で義務づけたことを直前になって改める異例の事態になった。

 経産省の新しい措置では、PSEマークの取得に必要な漏電検査機器が全国の検査所や業者などに行き渡るまでの当分の間、マークがなくても中古家電を売買できる。中古品業者が顧客から対価を受け取ってマークなしの中古家電を渡した場合は「レンタルした」と見なすという。レンタル品にPSEマークは必要ないので、顧客は中古家電を受け取れる。

日経新聞 06.03.25 朝刊


はい、実質廃止ですね。これ。

坂本龍一さんら、中古電気製品すべてPSE規制から除外を
http://it.nikkei.co.jp/digital/special/pse.aspx?i=2006032303862ex

 

坂本さんは会見で「自分の使うものを役所に決められたくない。ビンテージ楽器だけ除外すれば、われわれミュージシャンは黙るという意図を感じる。リサイクル業者たちが運動をすれば応援したい」と話した。またビンテージ楽器についても「何がビンテージかは役所が決めることではない」と強調した。
[2006年3月23日/共同]

え〜と、新聞だとこう書かれていたんですけど、頑張って書いた感が伝わります。
朝の芸能ニュースなどで会見の様子が流れてました。
そこで、世界の坂本(←本当にこういわれるのよね)が「役人に何がわかる」「古いものをすて、どんどん新しいものを買え。という意図を感じる」って言ってるんだよね。

今回の対応は、この法律が注目されはじめた頃から「抜け道」として知られていたもの。

私も、TVが雷でイカレタ事があります。火が噴いたことは有りませんけど。
自分が使うものについて、責任を持つ。と言うことにもつながるのではないでしょうか。

日銀量的緩和解除
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt37/20060309AS2C0900F09032006.html

いよいよ、って感じです。


量的緩和ってなによ?


から始まり

量的緩和解除になると、何がどうするの??

ということですが、これが、わかるのとわからないのとでは、お金の使い方が変わってきます。

特に、ローン組んでる人とか、ローンを組もうとしている人。


量的緩和の「」は「お金の量
世間に出回るお金の量を増やして、お金を回してもらい、経済的に上向きにしていこう、という政策です。

・・・・説明してもわかりにくいですね。

では、お財布の中に1万円入っている時と、1千円入っている時では、お金の使い方に違いはありますか?

普通、あると思います。
1万円入っているときの方が、買い物をしますね。
1千円入っている時は、1千円しかないから、出来るだけ使わないでおこう。
と思う人が多いのではないでしょうか。

これを、日本全体で行っているわけです。

通常、1千円程度を持って歩いている人が、1万円持って歩けるように手元に入ってくるお金の量を増やした。わけです。

解除ですから、これをやめましょう。
財布のひもをゆるめるのはもうおしま〜い。というわけです。

「タカラトミー」発足・富山社長「攻めの経営へ」
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2F01002%2001032006&g=MH&d=20060301

タカラ も トミー も有名です。
知らない人はいないくらいの会社だと思います。

が、合併 しました。

タカラもトミーも、玩具=おもちゃ会社です。
ターゲットは、「子供」
(一部、大人向けも出してますけど、基本的には)

少子化の影響がこんな所にも出てるんですね。


なんと、ポケモンの人生ゲームとか作っちゃう計画があるそうです。
本当でしょうか?


ところで、このマスコットの写真って・・・・・
リカちゃんと黒ひげ??

このアーカイブについて

このページには、2006年3月以降に書かれたブログ記事のうち社会〜ニュースからカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは社会〜ニュースから: 2006年2月です。

次のアーカイブは社会〜ニュースから: 2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13