社会〜ニュースから: 2006年10月アーカイブ

ソニー、今期最終減益に下方修正
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061019AT3L1905H19102006.html


泣きっ面に蜂とは、このことか。と言うくらい、出てくる出てくる。
人ごとながら、かわいそうだと思ってしまいます。

世界のソニーは、どうなってしまうのでしょうか。


ソニーは、今でこそ世界のソニーですが、もともとはウォークマンですよね。(わたしの世代を基本として勝手に、書かせていただきます)

次に、プレイステーション。

順番は、逆かもしれませんが、VAIO。

他にも、いろいろな事業に手を出しています。

プレステ3が発売延期になりました。
パソコン用電池の不備がありました。


パソコン関係の人からは、VAIOはDOS互換機ではないとも、いわれています。

もともとは、ラジオ。ですね。
そこから、技術がよくって伸びてきているんです。
ウォークマンは、作業員が、小さいのがあると便利だなと勝手に作っていた。と言います。

作業員が、それだけの技術力を持っていたということでしょうか。


まあ、今のように、オートメーション化されている一部の作業員とは違うのでしょうが、新しいことが出来る余裕のある、技術力を持った会社だったわけです。


いま、ソニーに限ったことではありません。
会社が求めているのは、「即戦力」

時間をかけて、新しい技術をと言うことは、求められていません。
追求力なども、とてつもない早いサイクルの中で、結果が出せないと「無能」との烙印を押されてしまい、お蔵入りしたものも有るでしょう。


終身雇用が崩れてしまったいま、会社としても、人材育成に力を入れるよりは、即戦力をと考えるのは当たり前です。
育てたら、いなくなってしまったなんて、悲しすぎますからね。

ブランドに、あぐらをかきすぎてしまうと、しっぺ返しがやってくるということでしょうか。


個人にしても、企業にしても。
初心というもの、目標というもの。考える時間は、無駄ではないはずです。

このアーカイブについて

このページには、2006年10月以降に書かれたブログ記事のうち社会〜ニュースからカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは社会〜ニュースから: 2006年9月です。

次のアーカイブは社会〜ニュースから: 2007年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13