社会〜ニュースから: 2007年2月アーカイブ

山崎製パン、不二家と製販も提携・筆頭株主へ
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2F19012%2019022007&g=MH&d=20070219

やっぱりね、というか、まあ、予想できたことですね。
山崎パンだって、クリスマス時期にはケーキ販売をしていることだし、大手を振って洋菓子販売に参入出来ます。


ということは、山崎は株価も上がってくだろう、と思ったのですが、それほどでもないですね。
かえって、不二屋が持ち直してきています。

大丸と松坂屋、統合を検討・売上高、百貨店トップに

http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2F1607F%2016022007&g=MH&d=20070217

確かに、個人的な感想というか、利用頻度から考えても「百貨店」というものを利用しなくなってきています。
以前から、あまり利用はしないのですが・・・・

百貨店というブランドが、だんだん薄れてきているのではないでしょうか。
お使いものや、おもりもの(という言葉自体も、使わなくなってきましたか (T_T) ) どこかへ(家や、会社へ)の訪問の時におみやげとして持って行くものも、百貨店で購入したものよりも、独自色が強いものを好むようになった気がします。

以前は、百貨店くらいでしか手に入らなかったもの、たとえば物産展などのような直送のようなものも、個人で気楽に購入できるようになってきました。

開催のタイミングや、お店へ足を運ばなくてもすむようになってきました。

個人的にですが、百貨店のものは高価という、イメージがあります。
それが、よいのか悪いのか。

どんどん、個人色のない大きな会社ばかりになってしまうような気がしているのですが、その点は気のせいでしょうか。

学校法人の倒産、06年は件数・負債総額とも過去最高

学校のお客さんは誰か。と言うことを考えると、お客さんの数が減っているので、お客さんの獲得の出来ない学校は、つぶれていっても仕方ないのかな。という事が出てきます。

が、学校の人気が「成績」に偏っていることで、独自の方針を出している学校などが、内容は良いのに経営難という事になってしまいます。

内容を見てみると入学者数などの減少で売上高が縮小したケースは18件中 4件

資金繰りが悪化してというのが6件。

倒産内容だけ見ると、普通の会社と変わりませんね。

06年はソニーが首位、液晶TV世界シェア・米社調査

液晶というと、シャープというイメージがありましたが、ソニーが抜いていたようです。

プラズマか液晶かという論議もされていましたが、価格の面からも液晶が主力になってきているようですね。

採用「来年増やす」28%・主要企業日経調査
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070208AT1D0704707022007.html

正社員になる時期によっても、ずいぶんと違いがあるんだなあ。と思いますね。
最近は、中途採用なども増えてきましたが、基本的には、新卒での採用です。
その時期、時期によって、受け入れる側の会社の考えなどによって、左右されます。

わたしが就職活動をしたころは、バブル(の終わり頃でしたが)時代ですので、よりどりみどりという感じでした。

数年前までは、新規採用無し。


そして、このところ採用予定数が増えてきています。
なぜ増えてきているのかは、すぐわかりますよね。

子育て主婦、正社員に・銀行や生保が中途採用拡大
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070206AT3E0200I06022007.html

いいねえ、こういう風潮がどんどんと広がって欲しいものです。
と思ったものの・・・まてよ・・・

第一生命保険
三菱東京UFJ銀行  リクルート情報を見に行ってみました。

わたしはだめじゃん。という感じ。

「即戦力として期待できる」

と、あるように、それなりの学歴や経歴がないと難しいようですね。
ただ、学歴や経歴など、すばらしいデキルひとも多くいるので、もっと様々な形態で働ける方法があれば、良いのではと思います。

ここに、名前が出てくるように大手の場合は、時間きっちりでも大丈夫かもしれませんが、通勤に片道1時間半(このくらいまでは、長距離通勤とはいわないそうだ) かかって、残業たまに。と言う職場の場合。
保育園が対応してませんって・・・・・・

会社だけでなく、家庭も、親戚も、近所も、社会も、全てが協力出来るようにならないと、なかなか変わりませんね。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070202AT2M0200K02022007.html米アマゾンの10―12月期、34%増収・家電など伸びる
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070202AT2M0200K02022007.html

アマゾンというと、本・CD・家電と、ほとんどのものがそろうような感じになってきています。
欲しい本が決まっていれば、わざわざ本屋へ出向かずに、ネットで購入することの方が多くなりました。
本屋さんへいくのは、中身を確認してから購入を決めたい、とか。特に、決まっている本が無いけれども・・・という時。

取り扱いの数も違いますし、アマゾンでの購入の場合は特典を付けるという事も広まっています。

家電、コンピュータやソフトなどもうっていますから、家電量販店に行ったのに、お目当てのものがなく、時間を使ってしまった。店が開いている時間にいけない。と言う人も利用しています。


本だけで見ると、書店や、楽天などでもネット販売を行っているわけですが。
違いは・・・・・・・・使ったことがある人ならわかりますよね。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月以降に書かれたブログ記事のうち社会〜ニュースからカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは社会〜ニュースから: 2007年1月です。

次のアーカイブは社会〜ニュースから: 2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13