社会〜ニュースから: 2008年9月アーカイブ

子宮体がん予防、コーヒーが効果?

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080901AT1G0100I01092008.html

 

コーヒーを1日3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、子宮がんの一種「子宮体がん」にかかるリスクが約6割低いとする大規模疫学調査の結果を厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)が1日、公表した。コーヒーを飲むと女性ホルモンなどの濃度が下がり、子宮体がんを予防する可能性があるという。

 研究班は、全国の40―69歳の女性約5万4000人を2005年まで最長で15年にわたって追跡調査。この間、117人が、子宮の袋状の部分にできる「子宮体がん」になった。

 コーヒー摂取の頻度によって「週に2日以下」「週に3―4日」「毎日1―2杯」「毎日3杯以上」の4つのグループに分けて発症リスクを調べたところ、「週に2日以下」のグループと比べ、「毎日1―2杯」は39%、「毎日3杯以上」は62%発症リスクが低かった。

このアーカイブについて

このページには、2008年9月以降に書かれたブログ記事のうち社会〜ニュースからカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは社会〜ニュースから: 2008年8月です。

次のアーカイブは社会〜ニュースから: 2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13