メルマガ: 2006年11月アーカイブ

50号

| | コメント(0) | トラックバック(0)

○●○------------------------------------------------------
                     50号 2006/11/29
      「なぜ?」から始める、稼げる女
http://www.studio-pico.com
                           
-------------------------------------------------------○●○

 常識を疑え!
 ニュース、新聞、週刊誌。言われたままに納得していませんか?
 「なぜ?」と思うところから、かえていきましょう。
 
  なんか、ずいぶんあいてしまいました
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
  最近の、なぜ?
  
 ★ 伸びぬ賃金、若年化も要因
  http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061129AT3S2701228112006.html
  
  最近、あちこちで「いざなぎ景気を超えた」といわれています。
  どんな名前が付くんだろうという話題すらありますが、なかなか、
  景気が良いと感じられない人も多いのではないでしょうか。
  
  年金や、保険の話もいろいろと動きがありますが、
  今回は、賃金の話です。
  
  この統計では、どこまでの範囲かがはっきりしていないのですが、
  雇用・社員という内容から、正社員と考えてみましょう。
  
  数年前まで、リストラリストラと、呪文のようにどこでも聞きました。
  リストラされるのは、入社間もない社員よりも、中高年、中堅どころの社員。
  
  なぜか
  
  リストラは、○○円人件費を削減したい。と言うところから始まります。
  何人ではなく、いくら。
  
  ということは、少ない人数のほうがいいですよね。
  
  
  終身雇用が崩れてきてしまっている中、賃金形態はまだまだ柔軟に
  変わってはいません。というより、難しいです。
  
  成果主義も、言われてからそこそこたちますが、本来の意味の成果主義
  とは、かけ離れてしまっている。
  本末転倒になっているのを実際に見ています。
    
  女性もどんどん、社会進出をしていますので、いままでの雇用、賃金
  体系がどのように変わっていくかも、気になるところです。

  
────────────────────────────
とっても、気さくで太っ腹な、姉御。
懇親会付きで、こんなセミナーを行います。

自分のヤル気を高めるのは、こんなに簡単だった。

あなたを常にピークパフォーマンスにするセルフマネジメント
講座
「モチベーションチャージセミナー」

たった2時間で習得できて、しかも、いつでも、どこでも、ポ
ジティブな自分になれます。

そして、このセミナーの特長は、自分だけでなく他人に使って
も効果が出せるスキルだということ。

私も知った時は「もっと早く教えてよ!」と思いました。

毎日サクサクお仕事を片付けて、ビジネスもプライベートも楽
しみたいあなたに、
「モチベーションチャージセミナー」
開催日:12月9日(土)PM2:00〜PM4:00 (入場P
M1:45〜)
開催場所:東京.原宿ステップイン
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-16-7 STEP.IN 3F
tel:03-5414-2930 / fax:03-5414-293
http://www.i-stepin.com/access.html
参加費:¥9800− (30分の無料懇親会つき。PM4:00〜

申し込みは、http://www.riekiup-nlp.com/10ppkouza/index.html 
 
しかも、無料レポート
「社長さん、これができれば利益アップは簡単です」
 ここから、ダウンロード出来ちゃいます
  → http://www.riekiup-nlp.com/ 
 20ページの、読みやすく、とても内容が濃いレポートです。
 社長さん、とありますが。誰でも大丈夫。
 特に・・・・・・会社に嫌いな人がいるあなた。
 読んでソンはありませんよ。

──────────────────────────────
 ★ 各地区毎に、最低賃金というものが設定されています。
   その、賃金以下での労働は違法という物です。
   ここ↓で、地域別最低賃金の全国一覧が発表されています
  http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/minimum/minimum-02.htm#01
    気になる方はご覧下さい
  
  ちょっと、書き方を変えようかな〜なんて思っています。
  あまりにも、あっちこっち関連したものまで書いていると
  終わらなくなってしまうので・・・・
  
  時には、気になった記事だけとさせていただくかもしれません。
  その分、他のものを書いていこうかなと思っています。
  
──────────────────────────────
発行者:今井智恵子 感想・質問お待ちしています。 
    e-mail:chie@studio-pico.com
このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
智慧輪
  ホームページ http://www.studio-pico.com
  登録・削除は http://www.mag2.com/m/0000173703.html
  バックナンバー:http://www.studio-pico.com/merumagabak/
  
  
  

49号

| | コメント(0) | トラックバック(0)

○●○------------------------------------------------------
                     49号 2006/11/8
      「なぜ?」から始める、稼げる女
http://www.studio-pico.com
                           
-------------------------------------------------------○●○

 常識を疑え!
 ニュース、新聞、週刊誌。言われたままに納得していませんか?
 「なぜ?」と思うところから、かえていきましょう。
 
  さすがにプロが書いてると、わかりやすいなあ・・・
     なにかは、下へ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
  最近の、なぜ?
  
 ★ 生保貯蓄性商品、人気復活の兆し
  http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061108AT2C0704707112006.html
  
  
  貯蓄型の保険は、掛け金が高いなどの理由で、このところ人気がなか
  ったんですが、予定利率が、上昇していることで人気復活してきてい
  るみたいですね。
  
  やっぱり、
  保険をかけていて、お金が貯まるんならこんなに良いことはない。
  
                       って、思いません?
  
  と言うところで、
  
  変額年金保険が、最近流行っているという話も聞きます。
  
  今まで、貯蓄でしか、資産運用をしてこなかった人がいきなり、
  預金・貯蓄以外で資産運用しようとおもっても、難しいです。
  
  受け取れる金額の予想が付く、不安材料が株式などよりも少ない。
  何よりも、わかりやすいというか、とっかかりやすいのではない
  でしょうか。
  
  
  保険の話もそうですが、自分で勉強しようとしないと、内容が
  わかりません。自然と知識を身につけていたって人は、いない
  のではないでしょうか。(家が、保険の代理店とかって人は別ね)
  
  
  TVでコマーシャルしている保険、実はそんなものも有ります。
  ちょっと考えると納得できることなんですけど、なかなか思い
  つかないというか、毎月安いからとりあえず、とか、マスコット
  人形がほしかった。とか。
  
  
  掛け捨ての保険に入るよりも、その分貯金してた方が得な場合も
  ありますからね。よ〜く考えましょう。
  
  でもって、自分の手に負えないようなら、プロの頭を借りましょう。
  自分で調べようとして、わからなくなってしまったら、独立系の
  FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが、おすすめです。
  数千円〜数万円をもったいないといって、数十万円場合によっては
  数百万円無駄に使う方が、もったいないですよ。
  
  
────────────────────────────

 やっぱり、プロが書くとちがう!
 わたしが、いくら経済を勉強しましょう。新聞を読みましょう。
 と言っても、なかなか納得できないと思うんですよね。
 
 そこで、大フアンでもある 大村あつし さんの
 このブログ記事をご紹介。

  サラリーマンの給料はなぜ生活費に消えてしまうのか?
   http://fushicho.com/blog/2006/09/1.html
   義務教育がひた隠す目からウロコの危険な経済学
   
 
  学校では教えてくれない、社会の仕組みをわかりやすく
  書いてくれています。

──────────────────────────────
 ★ 年末調整の季節が近づいてきました。
 
   保険などの控除用の書類が、届き始めています。
   
   サラリーマンだと、住宅ローンの時と、退職したときくらい
   しか、確定申告をしないと思います。
   控除用の通知が来たのをきっかけに、保険内容、給与内容を
   把握しておくのも良いのではないでしょうか。
   
   まさか、給与明細見もせずに捨ててたりしませんよね。
   
──────────────────────────────
発行者:今井智恵子 感想・質問お待ちしています。 
    e-mail:chie@studio-pico.com
このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
智慧輪
  ホームページ http://www.studio-pico.com
  登録・削除は http://www.mag2.com/m/0000173703.html
  バックナンバー:http://www.studio-pico.com/merumagabak/
  
  
  

このアーカイブについて

このページには、2006年11月以降に書かれたブログ記事のうちメルマガカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはメルマガ: 2006年10月です。

次のアーカイブはメルマガ: 2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.13